文書画像から文字情報抽出「OCR」

カメラで撮影した文書画像から文字情報を抽出することのできる iPhone App はたくさんあります。その中でもシンプルで使いやすく、文字の認識率も良い App だなと思ったので、その名も「OCR」という App の操作手順をまとめました。VoiceOver を起動した状態での操作手順です。ただし、文字情報の抽出と読み上げまでです。抽出した文字情報を保存する方法については説明しておりません。

また、カメラで画像を撮影する場合、iPhone を固定するアームなどがあると便利です(→たとえばこんなの)。文字情報の抽出を行いたい印刷物を置く位置と iPhone のカメラの位置が、いつも同じ位置になるような工夫があるとより便利に使用できます。

VoiceOver(VO)起動時の OCR 操作手順

1.OCR を起動
  • VO「OCR」と読み上げる。
  • これで OCR の起動を確認できる。
  • 起動して直ぐの画面をホーム画面と呼ぶことにする。
  • ホーム画面には以下の項目が並んでいる。
    • 画像を選ぶ
    • カメラ起動
    • 履歴
    • 広告を表示
    • 広告
ホーム画面
ホーム画面

2.カメラ起動
  • 一本指右フリックで「カメラ起動」を選択する。
  • ダブルタップでカメラを起動する。
  • VO「フラッシュ自動。フラッシュモードを切り替えます」と読み上げる。
  • これでカメラの起動を確認できる。
  • カメラを起動させると以下の項目を VO で確認できる。
    • フラッシュ
    • カメラセレクタ
    • ファインダー
    • カメラモード
    • キャンセル(ボタン)
    • 写真を撮影(ボタン) 
カメラ起動画面
カメラ起動画面

3.写真を撮影
  • 一本指右フリックで VO「写真を撮影。ボタン」を選択する。
  • 印刷部の上に iPhone をかざし印刷物をファインダー内に納める。
  • ダブルタップで写真を撮影する。
  • 写真撮影後の画面では以下の項目を確認できる。
    • イメージ(撮影後の画像)
    • 再撮影(ボタン)
    • 写真を使用(ボタン) 
写真撮影後の画面
写真撮影後の画面

4.イメージから文字情報を抽出
  • 写真撮影後の画面。
  • 一本指右フリックで VO「写真を使用。ボタン」を選択する。
  • VO「写真を使用。ボタン」をダブルタップする。
  • VO「OCR 見出し」続けて「OCR。戻るボタン」を読み上げる。
  • この時点で印刷物のイメージからの文字情報抽出が終了している。
  • 文字情報抽出結果画面では以下の項目を確認できる。
    • OCR(戻るボタン)
    • 文字情報の抽出結果(選択すると文字を自動で読み上げ開始)
    • 保存する(ボタン)
    • 広告 
  • VO フォーカスが「OCR。戻るボタン」にあれば一本指右フリックで抽出文字を読み上げる。
文字情報抽出結果画面
文字情報抽出結果画面

5.ホーム画面に戻る
  • 一本指左フリックで VO「OCR。戻るボタン」を選択する。
  • VO「OCR。戻るボタン」をダルブタップする。
  • ホーム画面に画面に切り替わる。
  • VO「OCR 見出し」と読み上げる。
  • 文字情報の抽出結果画面からホーム画面に戻ると、抽出された文字と撮影したイメージは自動的に削除される。
ホーム画面
ホーム画面

八王子市がタブレット端末を日常生活用具に!

平成28年7月1日より、東京都八王子市はタブレット端末およびアプリを、日常生活用具の一部の種目において選択可能としました。タブレット端末を障害のある方の日常生活用具として申請を正式に認めたのは、記憶する限り国内においてはじめてであると思われます。

視覚障害に関連したところでは次の用具が該当します。
  • ポータブルレコーダー
  • 活字文書読み上げ装置
  • 視覚障害者用拡大読書器
ポータブルレコーダー、活字文書読み上げ装置としての選択においては、視覚障害1・2級のみと対象者がしぼられています。しかし、視覚障害者用拡大読書器としての選択では「学齢児以上の視覚障害者」となっており、視覚障害等級による対象者の制限はありません。

どの用具においても限度額は50,000円です。たとえば、現在の価格で iPad Air 2 16G や iPad mini 4 16G ならば限度額内で申請可能です。限度額内でアプリも含めて申請を認めていただけるのであれば、有益なアプリを同時に申請することもできるのですが...。詳しいことは八王子市役所に問い合わせが必要です。

注意しなければならないのは、タブレット端末を選択すれば何でもうまくいくか、というとそうではないということです。タブレット端末を支給されても、 難しくて思う通りに使えないなどの問題もでてきます。申請前にどこかで試してみるなどして、ご自身の眼の状態、操作のわかりやすさとの関連性を十分に検討する必要があります。専門的な知識のある方に相談することをおすすめします。

 八王子市の関連ページ
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/korei_shogai/53849/054858.html

タブレット支給について
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/054/858/hptab.pdf